忍者ブログ

ヘタヨコゲーマーまったり日記

ゲームしてます。でもド下手の真横好き。もっぱらオウチでちまちまと。 反射神経鈍いけどアクション好き。記憶力乏しいけどADVもRPGも好き。 かと言ってジャンル分けできない妙なのも大好き。 ゲーム以外のことも書くかも。良かったら寄ってってね。

気付いたらネットde漫画…

前はちょっと抵抗あったのだけど、気付いたらスマホやPCで読んでました。漫画。
元々本で見ていたものをWebで縦スクロールして見るのは違和感があるのだけど、最初っからWebだとそうでもないのかなと思ったり…←勝手w

まあ今でもやっぱり紙媒体が好きなのは変わらないけど、最近気に入ってる漫画が全部Webで公開されている作品ばっかりなので、ちょっとここで書いてみようかと思います。


シャープさんとタニタくん@ / 仁茂田あい *くろふねピクシブ
twitterを使っている人はご存知かもしれませんが。
人気のある企業公式twitterアカウントの中でも「ゆるい公式」として有名なシャープさんと、タニタさんのツイートから妄想話(と言いつつ事実多し)が展開されるゆるゆるほのぼの系?な公式さん達の日常漫画。元のツイートを知っていると面白さ増し増しです(笑)
たまにゲストもあったり。既出はセガさん、キングジムさん、井村屋さん、パインアメさん。
単行本も発売中。





四十七大戦  / 一二三 *コミック アース・スター
一番最近読み始めた作品。
「極東の島国日本の最果ての地、魔境「鳥取」は、人口の減少により崩壊の危機に直面する消滅可能性都市であった。この物語はそんな不毛の地を必死に支えるご当地神「鳥取さん」の奮闘の記録である。」(あらすじより)
日本47都道府県に一人ずつ存在するご当地神「ゆる神」様が、自分の県の存亡と首都の座をかけて戦う物語。主人公は鳥取県のゆる神「鳥取さん」!
現在第3話まで公開されている中で、登場した神さまは鳥取、島根、岡山、山口各県の方々。ちなみにイケメンばっかです。女性の神さまもいらっしゃるのだろうか…
攻撃法や必殺技がご当地に関するモノや人や事象etcで意外と(すみません)勉強になる!
この先関東県の神さまもお出ましになるのだろうけど(すごい先になりそうだけど)、色々楽しみです。




人馬  / 墨佳 遼 *Matogrosso
半人半馬の種族「人馬」が生きている、架空の戦国時代。人間は人馬を使役するため捕らえ、人馬はそんな人間から隠れるように暮らしている。
「赤毛の岩虎」の異名で恐れられている人馬「松風」は、子供を逃がすため人間に捕まるが、幼い頃に捕まり使役させられている若い人馬「小雲雀」と出会い、共謀して逃げ出す。
追っ手から逃れるための旅が始まった…
松風さんや小雲雀くんに、すごく生っぽいというか、圧倒的な存在感を感じます。
漫画の中でこれだけ激しい感情表現は、初めて見たかもしれない…
元々、twitterで作者の墨佳さんを知っていて、人間も様々な生き物も(はたまた怪物や妖怪や擬人化も)、骨格・筋肉のつき方動き方等すごく理論的(ここはこうなっているからこう動く、という意味というか理由というか。構造がちゃんとしてる)で美しくもかっこいい絵を描かれる大好きな絵描きさんなのだけど、漫画の連載をされると聞いた時はすごく嬉しかった!そして単行本化も決定とのこと。
一番更新が楽しみなのがこの作品です。
  



この3作品、全く趣の違う作品ですね(^^;)
もしご興味ありましたら是非ご一読を♪

拍手[0回]

PR

Comment

webで漫画が読める時代

  • 髭親父
  • 2016-12-04 16:09
  • edit
webで漫画が読めるのは場所も取らないし良いんだけど、コマの取り方は作者毎に違うから読みにくかったりもしますよね。
特に見開きページとかは臨場感が薄れますよね。

やっぱり本は紙媒体で読みたいです。

やっぱ形が欲しいです。

  • れふれふ 〔管理人〕
  • 2016-12-04 19:58
見開きの凄さは確かに薄れますよね〜。
PCだと単行本より画面が大きい場合もあるのだけど、迫力は全然違う。
どこでも手軽に読めるのは嬉しいけど、やっぱり「本」という形のあるものが私も好きです。
これ、音楽が配信され始めた頃にも思ったんだよねぇ(^^;)
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © ヘタヨコゲーマーまったり日記 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]